gps tracking by cell phone number parental phone tracking iphone 4s spy video app best spy app for rooted android best free undetectable spy software for android

bottone-faq- JA

閉経前後の体の変化

世界的にみても人種に関わらず「閉経」は平均50歳前後がタイミングだと言われています。閉経とは、女性ホルモンの分泌が減少し、月経がゆるやかになくなり、無月経が1年以上続いている状態を指します。閉経前、徐々に女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、更年期障害と言われるホットフラッシュ、不眠、頭痛、肩こりなどの短期的な症状が出始めます。そして、閉経に向けて女性ホルモンが減少することで体内では膣萎縮が起こり始め、膣内が乾燥していきます。これらの影響で膣内の乳酸桿菌が減少し、弱酸性だった環境からアルカリ性に傾いていきます。デリケートゾーンのかゆみやニオイ、性交痛、頻尿や尿失禁などの症状が深刻化、QOLに影響を及ぼすこととなります。                                    

膣萎縮って何ですか?   

膣萎縮は、エストロゲンの低下によって引き起こる変化です。自然閉経によってエストロゲンが低下する場合と、婦人科系の治療などで人工的にエストロゲンの生成の抑制、卵巣機能を抑制する場合にも膣萎縮が起こります。

膣萎縮による体の影響は?

膣萎縮とは、膣内の粘膜が薄くなり、外傷を受けやすくなります。(☞性交時出血、性交痛の原因に)
また、膣粘膜のグリコーゲン細胞の欠乏により膣内の乳酸桿菌も減少、自浄作用が弱まります。(☞萎縮性膣炎、膣壁の炎症の原因に)
上皮の血流低下によって膣内が乾燥しやすくなります。(☞性交痛、膣壁の炎症によるかゆみ、疼痛、灼熱感など)

 

  •  膣分泌物の減少
  •  膣pHレベルの上昇 5.0を超える(アルカリ性へ)
  •  膣の乳酸桿菌の減少と微生物の増加
  •  炎症と灼熱感
  •  かゆみと局所的な腫れ
  •  白帯下または膣分泌物異常
  •  摩擦や機械的ストレスによる膣壁過敏
  •  膣壁のひだの折り目の扁平化(コラーゲンの損失及び生成の減少による)

 

anatomy

膣粘膜や尿道の萎縮により、性交中に起こる諸症状は、性生活のQOL (Quality Of Life)低下の原因になります。
今までは、老化のプロセスであり、または、婦人科系治療に起因するものであり、症状を改善する治療法はホルモン療法以外にはないとされてきました。
しかし、モナリザタッチ治療によって、これらの症状が改善されるのです。