gps tracking by cell phone number parental phone tracking iphone 4s spy video app best spy app for rooted android best free undetectable spy software for android

bottone-faq- JA

閉経とその治療について

自然閉経とは、卵巣機能の消失による月経の永久的停止(無月経)のことで、無月経が12カ月継続した後に診断されます。

早発閉経とは40歳前に起こる閉経のことで、自然に起こる場合や誘発される場合があります。また、骨粗鬆症、神経変性疾患や心血管障害によって誘発されることがあります。国際閉経協会ガイドラインでは、最善の予防的治療としてホルモン補充療法(HRT)を推奨しています。 (子宮摘出を経験した女性には、エストロゲン単体か、エストロゲンとプロゲステロンの併用。また子宮がある女性へは子宮内膜を保護するプロゲスチンなど)

誘発された閉経とは、卵巣の片方または両方の摘出手術(子宮摘出を伴う・伴わないにかかわらず)、または薬物による卵巣機能の抑制(化学療法、放射線、タモフィシケン等の抗がん剤)によって起こる月経停止のこと。

閉経前期とは、最後の月経期間後から最初の1年までの閉経に先行する期間。

閉経後とは、閉経が自然のもの、誘発されたものにかかわらず最後の閉経後の期間。

*)上記は1990年にWHOによって国際的に承認された定義 

1999年に国際更年期学会(IMS)は、生殖可能な年齢から生殖が可能でない年齢への移行期の前後の変動期間をclimacteric(月経停止期)と新たに定義しました。

ホルモン補充療法(HRT)とは、エストロゲンの投与(子宮が摘出された女性)、または、閉経後の女性が膣委縮に伴う症状を改善するため、更に重要なのは、心血管・骨格、自律神経系の病気につながる症状のマイナス効果を防ぐための予防としてエストロゲンとプロゲステロンの併用投与することを意味します。特に、エストロゲン単独投与はエストロゲン補充療法(ERT)と呼ばれます。全身ホルモン補充療法を行っている女性の1025%は、膣委縮と関係する症状に苦しみ続けています。ホルモン療法の安全性に対する恐れに加えて、なぜ全身ホルモン療法が膣の症状にのみ苦しむ女性にめったに処方されないかです。これは、ホルモン療法の安全性に対し、癌の危険性があることと関係があります。西洋の女性全体における乳癌の発生率は、10%に達し、閉経中の女性が広範囲なエストロゲンまたはプロゲスチンのホルモン療法を使用している場合も含んでいることを認めました(HRT)。同様に、エストロゲン単独で、子宮が摘出されていない閉経期の女性に施された治療(ERT)は子宮内膜癌の危険要因です。逆に、疫学の研究によると、HRTを行った女性における結腸直腸癌の危険性は実質的減少を示しました。 

膣または経皮エストロゲン療法- 膣萎縮の治療において、全身療法が必要でない場合には局所エストロゲン療法が選択されます。局所療法は全身性副作用の多くを回避でき、膣萎縮の治療においてはより効果的であることが多いです。膣萎縮と関連症状の予防における局所エストロゲン療法の有益な効果はよく知られていますが、この療法は膣または尿道から原因不明の出血がある女性、子宮内膜がんがわかっている、または疑われる女性、ホルモン療法に疑念を持つ女性に対しては推奨されません。薬物副作用としては胸、会陰の痛み、子宮出血があげられます。一般に、膣萎縮は多くの婦人科系がんと乳がんの治療の結果であり、それらのがんは特にホルモン感受性がんであり、子宮頸の扁平上皮がんはホルモン応答がんではないが、局所放射線療法がエストロゲン受容体の数を減らすので局所エストロゲン療法への反応を低下させることがあります。ホルモン感受性の婦人科系がんの女性における経膣エストロゲンの使用についてのデータは十分ではありません。現在、この療法の継続期間に関するガイドラインはなく、さらにこの治療を1年以上行った利用可能な信頼できるデータは今の所ありません。

潤滑および補水療法ーエストロゲン製剤が適用でない場合、有効ではありません。潤滑剤は主に性交中の膣乾燥を軽減するために用いられ、従って長期解決法ではありません。膣萎縮の治療のための潤滑剤と非ホルモン療法は、主に溶性の保護剤と上皮を刺激する非ホルモン物質を組み合わせたものからなり、膣の上皮に有益な効果があります。非ホルモン治療は、ホルモン療法を避けたい女性や乳がんや子宮内膜がん等のホルモン感受性がんの既往歴のある女性には特に適しています。

フィトエストロゲンベースの薬剤  - フィトエストロゲンは植物の中に発見された非ステロイドの分子で、エストロゲン受容体と結合します。食物栄養補助食品として得られて、それらの吸収レベルは個人によって変化し、同一の人でも食生活、抗生物質の使用、腸の疾患によって異なります。これらの分子とのホルモンの相互作用はエストロゲンに制限されていませんが、アンドロゲンと甲状腺ホルモンのような他のホルモンにも関係があります。自然食品は、禁忌が必ずしもないわけではありません; 一方では、閉経期の女性におけるフィトエストロゲンの使用に関する臨床データはその有効性と安全性についてのエビデンスはありません。例えば、それらが甲状腺機能に阻害因子を持つので、甲状腺の問題を持った患者にとって安全かどうかわかっていません。乳がんとの関係におけるフィトエストロゲンのリスク・ベネフィットバランスはまだ広く論じられており、さらなる研究が必要とされています。